ローンが残っている廃車の対処法

ローンが残っている廃車の対処法

基本的にローンが残っている場合は車を売却することはできません。
その理由は、車検証の所有者が自分名義で無いためです。

 

車のローンを組んでいる場合、ほとんどがお店や銀行やローン会社などが所有者なっていると思います。
わからない場合は一度確認してみましょう。

 

自動車.を売却する場合は、各種書類、証明が必要になるので、売却したい自動車を
自分で乗っていても、所有者は別にいるため勝手に自動車を売却することはできません。

 

ではどうすれば良いのか。
それは、自動車の所有権を自分名義にすれば売却することができます。
そのためには、車の所有権の解除手続きが必要になります。

 

車の所有権の解除手続きをするには残りのローンを完済するか、ローンを組み替える必要があります。

 

自動車買取業者の中には、これらの手続きを代行してくれるところもあります。
ローンの残っている自動車を売却したいときは、廃車の買取業者に相談してみるとよいでしょう。

 

 

無料一括見積はこちら!

 

 



 

一度の見積で複数の業者から見積が届きます!

 

全国の廃車買取引取店舗を簡単検索!

 

その場で無料見積もりできます。

 

日本最大級の車買取・査定ならカーセンサー

 

 



トップページ 裏技(1) 裏技(2) 裏技(3) 裏技(4) 事故車買取